会社を設立から申告・その他経営に関することすべてをお願いしたいと考えていますが、どこに相談していいか分かりません。また、それそれの士業の業務内容もわかりませんのでお答えください。

会社設立の流れを簡単に説明しますと、まず、公証役場において定款を認証します。その後、法務局にて法人の登記をします。その後、県市町村、税務署、労働基準局、社会保険事務所、ハローワーク等)1に法人の設置届出等提出し、実際の業務活動に入ります。
そこで、公証役場において、定款の認証する際には、行政書士・司法書士がその資格において代理業務を行います。法務局にて登記する際は、司法書士がその業務を請け負います。
その後においては、会計・税務申告に関しては、「税理士」が、労務関係(社会保険・労働保険・雇用保険といった上記1) )については、「社会保険労務士」がその業務を行います。また、経営業態によって異なりますが、建設・土木業務等においては、経営審査等あり、「行政書士」がその代行を行いますし、不動産業の場合、「司法書士」との絡みが多くなります。
法人運営をしていく上では、常に商業登記も関係し、これらの業務も「司法書士」が主にその業務を行います。また、M&Aや組織を大きくしていく際には、企業顧問として、「弁護士」や会計参与として「税理士」は必要となってきます。
このように、企業を運営していく上では、各士業の役割は様々で、その現場によって複雑な手続きが必要となってきます。

我々は、そのような複雑な関係を払拭すべく、設立時からスムーズに手続きを終えることができる「起業提案」を致します。また、法人登記後の営業方法、ビジネスツールの提案も含め、法人としてコンサル致します。

【主なコンサル業務】
営業コンサル業務(広告宣伝)・人事・労務コンサル業務・ITコンサル業務・医療コンサル業務・美理容コンサル業務・不動産コンサル業務・ネットビジネスコンサル業務

 

Copyright(C)合同会社ANTHEM All Rihgts Reserved.